事例紹介 Case Study

ブランド戦略・売場戦略

ブランドの現状確認を行いたい

A社は新規ブランドを立ち上げてから2年が経過しました。

今まで行ってきたマーケティング戦略・商品政策が、狙ったターゲットに対して有効であったか検証したい。
自社ブランドの認知度・商品・サービス・MD・競合ブランド・顧客のライフスタイル・マーケット動向など、様々な事柄を調査したうえで、ブランドの今後の方向性を決定したい。

新ブランドを立ち上げたい

B社は業績の好調を受けて、事業拡大を考えています。

好調ブランドの成功を受けて、増収増益のため事業拡大を目論んでいる。一方で、好調ブランドの顧客年齢は上がってきており、この世代の下世代に向けたブランドを新たに立ち上げたいと考えている。
新ブランドのターゲットに関するマーケティングリサーチを行い、魅力度の高いマーケットで新ブランドを展開したい。

不調ブランドを見直したい

C社は業績の不調を受けて、ブランドの統廃合を考えています。

ブランドは複数あるが、多くのブランドの売上が下降傾向である。
運営予算も減少傾向であるため、経営資源の選択と集中を行い、不調ブランドの統廃合を実施せざる得ない。
既存ブランドの強みと弱みを分析して、ブランドのスクラップ&ビルドの指針を決定したい。同時にマーケティングリサーチを行い、継続ブランド(新ブランド)の新たな戦略を策定したい。

プレールは、様々な手法でクライアント企業の意思決定をサポートします

各調査で収集されるデータは、ブランドの運営・開発におけるマーケティング材料となります。
さらに、弊社が独自に分析しているファッショントレンド・フィールド動向・ショップ動向などを調査結果と連動させて、立体的なブランド戦略をご提案いたします。

ブランド戦略・売場戦略

このページのトップへ

事例紹介 Case Study