事例紹介 Case Study

情報分析

企画に活かせる精度の高いトレンド情報・マーケット情報を入手したい

A社は来シーズンの商品企画スタートにあたり、精度の高いトレンド分析・マーケット分析を行いたいと考えています。

商品企画を自社内で行う際に、プルミエール・ヴィジョンやプロモスティルなどの海外情報、コレクション情報を編集して企画の役に立てたい。だが、自社で精度の高い分析をすることは容易ではない。
さらに、街頭着用実態・競合店の店頭動向・消費者意識・マーケット構造・業界動向などのマーケット情報も入手したいが、把握するのは困難である。 企画に活かせるファッショントレンド情報・マーケット情報は手に入らないものだろうか?

トレンド情報・マーケット情報を共有したい

B社は来シーズンの商品企画スタートにあたり、各部署の担当者や仕入先でトレンド情報・マーケット情報を共有したいと考えています。

商品企画を行う際に、企画と営業の意思疎通がうまくいかないことがある。また、デザイナーが思うような生地やサンプルができ上がらないことがある。
そのため、企画・営業・生産などの社内部署やOEM商社・繊維メーカーなどとファッショントレンド情報・マーケット情報を共有するために、社内でセミナーを開催したい。

トレンド性を重視した高回転MDを実現させたい

C社はトレンド性を重視した高回転MDを実現したいと考えています。

商品企画を自社内で行う際、デザイナーは仕様書の作成などで手一杯な状態のなかでトレンド情報・マーケット情報を収集している。そのため、企画・生産スケジュールが遅れて商機を逃してしまっていることもある。
精度の高いファッショントレンド情報・マーケット情報を購入して、デザイナー(バイヤー)の負担を減らし、企画・生産を短サイクル化させたい。そして、トレンド性を重視した回転の速いMDを展開したい。

プレールでは、ゼネラルトレンド、コレクショントレンドを分析しています。ご相談により独自の資料作成も可能です

プレールでは、商品企画における先行情報としてゼネラルトレンドを分析しています。期近情報としては、コレクショントレンドを分析しています。
各シーズンの重要なテーマを抽出して、テーマごとに色傾向・素材傾向・スタイリング・アイテムをご提案しておりますので、各社のマップやディレクションに落とし込みやすい設計となっています。これらの資料は各社共通であるため、比較的に廉価であることも大きなメリットです。
また、フィールドリサーチ・ショップリサーチ・経済動向・社会動向などのマーケット情報に関する資料も定期的に作成しており、ご相談により独自の資料の作成も可能です。

先行企画〜期近企画〜期中企画

※サンプルレポート(PDF)を以下よりご覧いただけます。

※サンプルレポート(PDF)を以下よりご覧いただけます。

このページのトップへ