事例紹介 Case Study

商品政策

ブランド全体のディレクションを外部に委託したい

A社は自社ブランドのシーズンテーマから売場提案までの計画を外部企業に委託したいと考えています。

自社でトレンドを分析して、年間を通じたブランドや売場の商品展開計画を立てることは難しい。なぜなら、トレンド分析などの専門性に長けた社員が多くないためである。また、トレンド分析を行う部署を設置できたとしても、コストパフォーマンスは悪くなる。精度の高いトレンド分析・商品展開計画を制作できる会社はないだろうか?

衣・食・住のトータルディレクションを作成したい

大手百店のB社は、衣料だけでなく、住居・インテリアや食品を含めた統合的なディレクションを作成したいと考えています。

自社で毎シーズン、婦人服と紳士服のディレクションを作成して、店舗VMD・商品仕入・催事などの展開計画を立案・実行している。今後は子供服や服飾雑貨、さらには住居・インテリアや食品なども加えた総合ディレクションを作成して提案力を強化したい。そのためのトータルディレクションを担当してもらえる会社はないだろうか?

差別化されたディレクションを作成したい

大手百貨店C社は、ファッショントレンドだけでなく、リアルライフに基づくディレクションを作成して、競合他社と差別化を図りたいと考えています。

自社でファッショントレンド分析を行い、シーズンテーマやマンスリーテーマを作成して、売場作りやバイイングに役立てている。しかし、ファッショントレンドの分析だけでは競合の百貨店との差別化は難しい。
そのため、お客様のニーズをすくい上げ、リアルライフに対応した実践的なディレクションを作成したいが、協力してもらえる会社はないだろうか?

プレールは、クライアント企業のビジョンや戦略を反映させたディレクションを作成し、幅広い領域で商品政策をサポートします

トレンド情報やマーケット情報をもとに、クライアント企業のビジョンや戦略を反映させたディレクション(年間を通じたブランドや売場の商品展開計画)を作成いたします。
シーズンテーマの提案から売場コンセプト提案、マーチャンダイジングまで、幅広い領域でクライアント企業の商品政策をサポートいたします。

商品政策

このページのトップへ